祇園祭
祇園祭/後祭巡行


2014年

 

 7月24日 祇園祭 山鉾巡行/花笠巡行

 

 

 

今年から復活した「後祭」の山鉾巡行は10基。

 

 

後祭はコースが逆回り、

 

河原町通りは北から南行です。

 

 

河原町御池の「辻まわし」は、

 

慣れない右回りで時間がかかったようです。

 

 

 

河原町通 六角下がるかつらぎのお店の前を、

 

ようやく先頭が通過していきます。

 

見物客でたいへんな混雑です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 橋弁慶山 】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 北観音山 】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 八幡山 】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 浄妙山 】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 鈴鹿山 】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 南観音山 】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 鯉山 】 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 役行者山 】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 黒主山 】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 大船鉾 】

 

いよいよ注目の大船鉾。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場所を移動して、

四条河原町の交差点。

「大船鉾の辻まわし」。

 

 

 

 2014年7月24日 祇園祭 後祭巡行「大船鉾」辻まわし−1

 

 

 

 

 

  2014年7月24日 祇園祭 後祭巡行「大船鉾」辻まわし−2

 

 

 

 

2014年7月24日 祇園祭 後祭巡行「大船鉾」辻まわし−3

 

 

 

 

 

 

 山鉾巡行のあと、

 

花笠巡行が続きました。

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

祇園祭/後祭−2


2014年

 

 7月22日 祇園祭 後祭/町内の山鉾の風景

 

 

【 大船鉾 】

 

「大船鉾」は朝から混雑。

 

厄よけちまきを買うひとも、拝観のひとも、

 

暑い中を長い行列に並んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

【 南観音山 】

 

「大船鉾」から室町通を北へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 北観音山 】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 八幡山 】

 

左甚五郎作と伝わる鳩の彫刻が一対伝わっています。

 

夫婦和合を象徴するそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 黒主山 】

 

巡行のあとに、飾りの「桜」をいただいて

 

玄関にお祀りすると良いそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 鯉山 】

 

滝を登り切って龍となった鯉が

出世開運の神として祀られたという中国の故事、

「登龍門」にちなんで作られた山。

 

 

 

左甚五郎作の鯉の彫刻のご神体。

重要文化財のタペストリーも撮影自由。

 

自由と言われると、

かえって遠慮の気持ちがはたらいて一枚だけ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

【 役行者山 】

 

宵山には、

修験道の行者さんたちが「護摩供養」をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 橋弁慶山 】

 

五条橋で、

牛若丸が欄干の上に飛び上がり、弁慶が長刀を構える場面。

 

 

黒漆の五条橋も、巡行の日には「山」の上に乗ります。

 

 

 

 

 

 

 

【 浄妙山 】

 

『平家物語』に登場する宇治川橋の合戦の場面

 

 

 

こちらも撮影自由・・・。

 

 

 

 

 

 

【 鈴鹿山 】

 

ここだけちょっと離れた場所。

唯一の烏丸通の山は、周囲の景色とかけ離れた印象です。

 

 

白壁の蔵におさまった、

金の烏帽子をかぶった勇ましいお姿の鈴鹿権現を、拝観できます。

 

「瀬織津姫命(せおりつひめのみこと)」という女神さまです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 大船鉾 】

 

夕方、駒形提灯がともされると、

さらにさらに、大混雑の大船鉾。

 

 

 

それでも後祭は、屋台がないのでホッとします。

 

ちょうど、警察が交通整理を始めたところに出会いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

祇園祭/後祭


2014年

 

祇園祭「後祭」が、50年ぶりに復活しました。

 

蛤御門の変で焼失して休み鉾となっていた「大船鉾」が再建され、今年、いよいよ巡行にも復帰します。

 

 

 7月20日 祇園祭 後祭/町内の山鉾の風景

 

 

【 大船鉾 】

 

お披露目なった「大船鉾」は、

やはり京都のひとからも注目されています。

 

朝から見学のひとで新町通りは大盛況。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日中はスコールのような土砂降り雨に見舞われました。

 

船首を飾る「大金幣」には、雨よけカバーがちゃんと準備されていたようです。

 

「曵き初め」のあと、

ちまきなどの授与品を扱うテントが設営されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 南観音山 】

さらに奥に【 北観音山 】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

祇園祭/前祭巡行

2014年

 

 7月17日 祇園祭 巡行

 

 

『 河原町御池 』や『四条河原町』は、

 

「辻まわし」が鑑賞できるスポットとして人気です。

 

 

地上7階でのお茶会にご出席された方のご厚意で、

 

いただいた画像をご紹介いたします。

 

 

 

【 長刀鉾 】

 

 

 

 

 

 

【 函谷鉾 】

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

祇園祭/宵山


2014年

 

 7月15日 祇園祭/宵山 

 

 

巡行前夜の宵山に繰り出すのは・・・・・

正直、たいへんな覚悟がいります。

 

 

基本は、

立ち止まることも許されない「一方通行」です。

 

 

 

のちの発表によると、

この日の四条通と烏丸通周辺の人出は、

昨年より7万人多い34万人だったそうです。(WEB/朝日新聞より)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5